川崎市高津区の梶が谷・宮崎台近く内科、循環器内科、小児科の国島医院

お読みください。医療の現場の疑問が解決出来るかもしれません。

当院における平成30~31年度インフルエンザ発生状況 H30/10/17

平成29〜30年度当院におけるインフルエンザ発生状況集計結果
(当院の発生状況は、厚生労働省感染動向調査および川崎市感染症週報の基礎データの1つになっています。)

例年ワクチン接種者は、発熱改善が早い・微熱など重症化軽減効果が出ています。
当院では例年10月以降にワクチン接種を開始しており、従来の集計からも4月まで効果は確保されていると考えております。
例年「ワクチン接種しても罹患するからしない」、と言う方がおられますが、何時何処で発症するか予測出来ない為、流行前にワクチン接種をお勧めします。ワクチン接種2週間後に罹患された方がおられます、余裕を持って接種下さい。

9月累計 :00名(A型:00名、B型00名、ワクチン接種されている方での感染 00名)
10月累計 :01名(A型:01名、B型00名、ワクチン接種されている方での感染 00名)

11月累計 :00名(A型:00名、B型00名、ワクチン接種されている方での感染 00名)
12月累計 :00名(A型:00名、B型00名、ワクチン接種されている方での感染 00名)
1月累計 :00名(A型:00名、B型00名、ワクチン接種されている方での感染 00名)
2月累計 :00名(A型:00名、B型00名、ワクチン接種されている方での感染 00名)
3月累計 :00名(A型:00名、B型00名、ワクチン接種されている方での感染 00名)
4月累計 :00名(A型:00名、B型00名、ワクチン接種されている方での感染 00名)
5月累計 :00名(A型:00名、B型00名、ワクチン接種されている方での感染 00名)

H30年度累計:
1名(A型: 1名、B型 0名、ワクチン接種されている方での感染  0名)
累計:65歳以上での感染者:  0名(内ワクチン接種されている方での感染 0名)

経鼻生インフルエンザワクチンについて

アメリカ疾病管理予防センターは、『2017-2018年度においても経鼻生インフルエンザワクチンの効果には懸念があり、その使用を推奨しない』と公表しています(Recommendations and Reports/August 25, 2017/ 66(2);1–20)。さらに『日本国内で実際に並行輸入販売されている経鼻生インフルエンザワクチンの感染価を測定した結果、A型においては添付文書記載の感染価下限値の1/30〜1/10程度、B型においては下限値付近であり、流通段階で効果を保証する制度が必要である(感染症誌 89:720~726, 2015)』との報告があります。その無効とされた理由は未だ明らかではありませんが、有効である保証がないものに対価を払う必要があるのか、先日の就学時健診で母子手帳に貼られた【経鼻生インフルエンザワクチン】のシールを見て考えされます。

当院における平成29~30年度インフルエンザ発生状況 H30/05/25

平成29〜30年度当院におけるインフルエンザ発生状況集計結果
(当院の発生状況は、厚生労働省感染動向調査および川崎市感染症週報の基礎データの1つになっています。)

既に川崎市内にてインフルエンザ発生報告が出ていますので、9月13日発生状況集計を開始しました。
昨年度180名の罹患者の内、ワクチン接種者では27名(集計可能な当院以外での発生も含め)であり、発症を抑えています。

例年ワクチン接種者は、発熱改善が早い・微熱など重症化軽減効果が出ています。
当院では例年10月以降にワクチン接種を開始しており、従来の集計からも4月まで効果は確保されていると考えております。
例年「ワクチン接種しても罹患するからしない」、と言う方がおられますが、何時何処で発症するか予測出来ない為、流行前にワクチン接種をお勧めします。ワクチン接種2週間後に罹患された方がおられます、余裕を持って接種下さい。

9月累計 :00名(A型:00名、B型00名、ワクチン接種されている方での感染 00名)
10月累計 :02名(A型:02名、B型00名、ワクチン接種されている方での感染 00名)
11月累計 :00名(A型:00名、B型00名、ワクチン接種されている方での感染 00名)
12月累計 :26名(A型:21名、B型05名、ワクチン接種されている方での感染 02名)
1月累計 :75名(A型:31名、B型44名、ワクチン接種されている方での感染 10名)
2月累計 :70名(A型:29名、B型41名、ワクチン接種されている方での感染 11名)
3月累計 :13名(A型:12名、B型01名、ワクチン接種されている方での感染 03名)
4月累計 :01名(A型:01名、B型00名、ワクチン接種されている方での感染 00名)
5月累計 :00名(A型:00名、B型00名、ワクチン接種されている方での感染 00名)

H29年度累計:
187名(A型:96名、B型91名、ワクチン接種されている方での感染  25名)
累計:65歳以上での感染者:  36名(内ワクチン接種されている方での感染 8名)

平成29~30年度インフルエンザワクチン供給について

WHO(2017/3/2)は、2017~2018年度の北半球における4価インフルエンワクチンの抗原推奨組成を、 A/ミシガン/45/2015(H1N1)pdm09 類似株、A/香港/4801/2014(H3N2)類似株、B/ブリスベン/60/2008 類似株、B/プーケット/3073/2013 類似株としました。日本では国立感染症研究所(2017/5/2)が、A/シンガポール/ GP1908/2015(IVR-180)(H1N1)pdm09、A/埼玉/103/2014(CEXP002)(H3N2)、B/テキサス/2/2013(ビクトリア系統)、B/プーケット/3073/2013(山形系統)を選定。
しかしA/埼玉/103/2014(CEXP002(H3N2)の生産量が不十分にて、厚生労働省が昨年度と同じA/香港/4801/2014(X-263)(H3N2)の使用を提案した結果、国立感染症研究所はA/シンガポール/ GP1908/2015(IVR-180)(H1N1)pdm09、A/香港/4801/2014(X-263)(H3N2)、B/テキサス/2/2013(ビクトリア系統)、B/プーケット/3073/2013(山形系統)を最終的に決めました。

今年度は最終的なワクチン株の選定が遅れ為、ワクチン生産量の遅れ・出荷の遅れが生じています。10月中出荷量は全体の6割程度(12月初めには全量出荷予定)とされていますが、インフルエンザ発生状況が早いことから接種希望者も多く、現場での印象は希望量の3割程度の印象となっています。また各医療機関への供給量は、昨年度使用実績以下とする事が通知されています。

さらに11月出荷分ワクチンの一部が国家検定にて使用不可となりワクチン納入がさらに不安定といます。

一部に供給予定株でなく今年度ワクチン接種は意味がないと言われる先生もおりますが、当初のWHOの推奨株に戻っただけであり問題はありません。一方で、ワクチン供給の課題が見える様に思えます。

当院における3ヶ月健診について H29/1/4

乳幼児3ヶ月健診についてのみ未施行について問い合わせがあり、日記にも記載します。

平成28年度より行政より、乳幼児3ヶ月健診は一般診療と時間的・空間的に区別する事が必要とされました。
当院において午後1時から4時までの間は、往診・特別養護老人ホームの診察・審査会等があり、事前に健診時間を提示することは難しい為、乳幼児3ヶ月健診は未施行としております。

当院における平成28~29年度インフルエンザ発生状況 H29/ 5/16

平成28〜29年度当院におけるインフルエンザ発生状況集計結果
(当院の発生状況は、厚生労働省感染動向調査および川崎市感染症週報の基礎データの1つになっています。)

既に川崎市内にてインフルエンザ発生報告が出ていますので、9月29日発生状況集計を開始しました。
昨年度136名の罹患者の内、ワクチン接種者では12名(集計可能な当院以外での発生も含め)であり、発症を10%以下に抑えています。

例年ワクチン接種者は、発熱改善が早い・微熱など重症化軽減効果が出ています。
当院では例年10月以降にワクチン接種を開始しており、従来の集計からも4月まで効果は確保されていると考えております。
例年「ワクチン接種しても罹患するからしない」、と言う方がおられますが、何時何処で発症するか予測出来ない為、流行前にワクチン接種をお勧めします。ワクチン接種2週間後に罹患された方がおられます、余裕を持って接種下さい。

9月累計 :00名(A型:00名、B型00名、ワクチン接種されている方での感染 00名)
10月累計 :00名(A型:00名、B型00名、ワクチン接種されている方での感染 00名)
11月累計 :05名(A型:05名、B型00名、ワクチン接種されている方での感染 01名)
12月累計 :23名(A型:22名、B型01名、ワクチン接種されている方での感染 01名)
1月累計 :68名(A型:66名、B型02名、ワクチン接種されている方での感染 13名)
2月累計 :55名(A型:50名、B型05名、ワクチン接種されている方での感染 07名)
3月累計 :15名(A型:07名、B型08名、ワクチン接種されている方での感染 04名)
4月累計 :12名(A型:05名、B型07名、ワクチン接種されている方での感染 00名)
5月累計 :02名(A型:01名、B型01名、ワクチン接種されている方での感染 00名)

H28年度累計:
180名(A型:156名、B型24名、ワクチン接種されている方での感染 27名)
累計:65歳以上での感染者:  10名(内ワクチン接種されている方での感染 04名)

5年ぶりに外看板の電灯を灯しました。H28/10/18

東北震災以後、節電の為に外看板の使用を中止していました。先日患者様から点灯再開の相談を受けました。10月以降日の入りも早くなり、10月13日ミズモリ工芸社に依頼しLED電灯に換装し、10月14日から午後5時以降で使用を開始しました。

災害防災訓練に参加して……(H28年9月1日)

8月27日川崎市災害防災訓練に参加しました。小雨降るなか、サブ会場である市立稲田中学校にて、災害時ドリアージ訓練と避難所健診を担当しました。時間的余裕がある訓練でも日常診療とは異なる環境であり、色々勉強になりました。参加された一般の方も、見ていると実際に行動するのでは全く違う、備えが不十分だった等、啓発活動として十分であったようです。一方で、実際に活用されない事を祈ります。

当院における平成27~28年度インフルエンザ発生状況 H28/5/15更新終了

平成27〜28年度当院におけるインフルエンザ発生状況集計結果

昨年度119名の罹患者の内、ワクチン接種者では15名(集計可能な当院以外での発生も含め)であり、発症を10%以下に抑えています。

例年ワクチン接種者は、発熱改善が早い・微熱など重症化軽減効果が出ています。
当院では例年10月以降にワクチン接種を開始しており、従来の集計からも4月まで効果は確保されていると考えております。
例年「ワクチン接種しても罹患するからしない」、と言う方がおられますが、何時何処で発症するか予測出来ない為、流行前にワクチン接種をお勧めします。ワクチン接種2週間後に罹患された方がおられます、余裕を持って接種下さい。

10月累計 :01名(A型:01名、B型00名、ワクチン接種されている方での感染 00名)
11月累計 :04名(A型:03名、B型01名、ワクチン接種されている方での感染 01名)
12月累計 :05名(A型:05名、B型00名、ワクチン接種されている方での感染 00名)
1月累計 :19名(A型:12名、B型07名、ワクチン接種されている方での感染 01名)
2月累計 :79名(A型:51名、B型28名、ワクチン接種されている方での感染 08名)
3月累計 :22名(A型:05名、B型17名、ワクチン接種されている方での感染 02名)
4月累計 :05名(A型:01名、B型04名、ワクチン接種されている方での感染 00名)
5月累計 :01名(A型:00名、B型01名、ワクチン接種されている方での感染 00名)
H27年度累計:136名(A型:79名、B型57名、ワクチン接種されている方での感染 12名)
累計:65歳以上での感染者: 02名(内ワクチン接種されている方での感染 0名)

CVIT専門医更新申請をしました。……(10月26日)

平成27年10月、CVIT専門医更新申請を終えました。今回も多くの先生方の御協力によって、専門医更新申請が出来、感謝しております。
今週は、来年度*******総会応募演題の査読です。年々良い演題が増えてきており、全て採択したいですね。

1 / 3123
お問合せバナー

川崎市高津区の国島医院では、内科・循環器内科・糖尿病内科・消化器内科・呼吸器内科・小児科などの診療を行っております。
地域のホームドクターとして皆様の健康づくりに努めております。

ページトップに戻る